【検証】長崎のデリヘル利用時に必ず新人デリ嬢を勧めてくるのか徹底検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今夜は仕事がハードな日だったので、ビジネスホテルに泊まる予定で行きつけの居酒屋で晩酌をした。ほろ酔い気分になるまで久々にビール2本に焼酎を3杯飲んでビジネスホテルに向かいました。

飲みすぎたせいか、部屋に入るなりベットへ直行してて、気が付くともう0時をまわっていた。爆睡したせいか疲れは少し取れて楽になったが、まだ起きるのには早いし寝なおそうと思いベットに横になったのですが全く眠れず。

初々しい新人のデリヘル嬢でもあっと驚くことがあるから面白い。

ホテルに泊まってるのに1人寝はやっぱり寂しい。そう!!こういった時の為に私は、新人のデリヘル嬢をリサーチをしていた!ネットでリサーチ済みデリヘル嬢が在籍しているデリヘル店は、 ビジネスホテルでも派遣出来るという事だったので電話してみました。

新人のお勧めの子が丁度待機してるのですぐに来れるとの事なのでその子を呼ぶ事にしました。15分足らずでインターフォンが鳴りドアを開けると、普通のОL風の女性が立っていました。

とりあえず部屋へ入ると彼女が誘うがまますぐにシャワーへ入るなり身体を丁寧に洗てくれて、キスから始まり→首すじ→胸→乳首→腰→息子と優しく全身を舐めてくれた。

その子の容姿や新人具合からは、想像もできない程の大胆さに驚きと!もちろん!快楽をもらった。ベットに入ってからも彼女は、私を攻め続けて来て最後はビックリする位の締りの良い素股でイッテしまった。私が攻める事無くプレイしたのは初めての経験でした。

一人きりの寂しい時には素人っぽいデリヘル嬢で彼女気分を満喫。

最近は、だいぶ夜も寝苦しくなってきましたね。しかし、何時でもやはり一人の夜は寂しいもの。今日も寂しさを紛らわす為にデリヘルを利用したいと思います。デリヘルを利用する時に、必ずと言っていい程お世話になっている情報サイトがありこのサイト、とにかく見やすいんです!

特に新人なんかが目立つところにあってすぐに分かる。そんな新人の子ではなくて常連になりつつあるお店へ。電話をしてしばらく待っているとピンポーンとチャイムの音が鳴り僕は玄関に近づいてドアを開けます。

すると僕の好みの直球ど真ん中の女の子が。巨乳でボーイッシュな女の子。名前は、Fちゃんというそう。そんなFちゃんと会話を楽しんだ後は、一緒にバスルームに入って彼女の裸を見てみるとスレンダーで鍛えられた体でしかも巨乳。たまりません。

綺麗にお互いの体を洗うとシャワーを出てベッドへ。ベッドに上がると早速彼女の胸を揉んでから乳首を舐め回す。彼女は、気持ち良さそうに感じながらアソコをビチョビチョにしてくれます。お返しに彼女は、僕の愚息に顔を近づけフェラをし始め彼女の舌先でゆっくりと転がされながら口で包まれた感触に酔いしれ彼女の丁寧なフェラに僕のアソコはメロメロになりました。

僕も彼女のアソコを舐めて最後は、69の体勢で一緒にフィニッシュです。このサイトに載っているお店の新人のデリヘル嬢はハズレが無くて、良い思いをさせてもらっています。他の地域も載っているので出張などの際にも利用してみようと思います。是非新人のデリヘル嬢を一度覗いてみてはいかがですか?

だいたいオススメの女の子は入店したての素人の子を押してくる。

以前から長崎の新人のデリヘル嬢をチェックしてたので思い切って電話をしたらとても丁寧な対応で、その店の今一押しの新人の女の子に予約をいれ、軽くシャワーを浴びて待つことに!

インターフォンが鳴り、どんな女の子が来てるのかワクワクしながらドアを開けてみると、オススメの女の子だけあって相当可愛い!しかもまだ若くて、処女を思わせるような初々しさ感じさせて服を着たままでも想像するだけで、あんなことやこんなことが出来ると思うとおさまりがつかない程に息子がマックスな状態になりました。

二人でシャワーを浴びて早々にベッドに向かいました。恥らいながらも、時々漏れる喘ぎ声も可愛くてたまらないです。思いのほか大胆で感度がすごく良さげで、最初に会ったイメージとのギャップに満足せて頂きました。

長崎のデリヘル検証結果

最後はお口でいかせてくれました!時間一杯寄り添ってくれていい気分を味あわせて頂きました。確かに値段は、少々高い気もしますが、こんなに良い女の子が来てくれるならいいんじゃないかなっという気が致しました。次回も新人のデリヘル嬢を利用しようと思います。

リサーチするなら必ず「長崎 デリヘル」見て選んでみてくださいね!またまたデリヘル嬢のプレイのテクにハマりそうです。ビジネスホテルがダメと言うお店もあるので、情報サイト等でお店を決める時はしっかりとお店のホームページを見ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る